実益にもなる家庭菜園と言う趣味

実益にもなる家庭菜園と言う趣味

家庭菜園で野菜を育ててみるのも面白いですね。

 

家庭菜園を始めたきっかけ

 

私は数年前より家庭菜園での野菜作りをやってます。田舎にある我が家は家のうらに広大な畑があり、毎年雑草の管理で大変でした。

 

祖父母が元気だったころは全面野菜畑で収穫した野菜を出荷するほどだったのですが、今や祖父は他界し、祖母は老人ホームに入居中です。また父を早くに亡くした私は野菜作りに興味もなく、畑は次第に荒れ地へと変わっていったのでした。

 

しかし数年前のある日、知り合いからナスの苗をいただきダメもとでちょっと植えてみたところ、なんとナスを収穫することが出来たのです。

 

正直そのときは作り方や肥料のやり方などほんとに適当でした。でも「こんな簡単に出来るもんなんやなあ」と感動し、もっといいものを作ってみたいと思うようになったのです。

 

野菜作りに目覚める

 

それからは野菜作りの本を購入し、近所の方に聞いたりしながら徐々に野菜の種類を増やし、今では家で食べる野菜のほとんどを栽培できるまでになりました。

 

もちろん失敗もたくさんしました。ある年は台風で植えた野菜の大半が水没してしまい、根ぐされしてしまったこともあります。

 

やっぱり一生懸命育てて収穫間際だったものがダメになるとショックも大きかったですね。これまでは近所の方々が被害にあわれていてもなんとも思わなかったのですが、はじめてつらさを共感することができました。

 

また、明日収穫しようと思って娘たちと楽しみにしていたサツマイモが、その日の晩にイノシシに全部食べられていたときもありました。幼稚園児だった娘の涙を見てやるせない気持ちになったことを思い出します。

 

ただ、そういった経験が翌年うまく収穫出来たときは、より大きな喜びになって返ってくるので野菜作りは楽しいなあと思っています。

 

実際野菜を買うことと比べてみて、肥料や苗代のほうがだいぶん安くすんでいるのも確かです。

 

手間はかかりますが畑の雑草の管理も兼ねて行うことができるので、我が家では一石二鳥です。さらに最近、会社のボーナスで小型の耕運機を購入しました。

 

それからはますます次は何を作ろうかと悩んでみたり、例えばジャガイモの品種もいろいろ植えてみたりとあれこれ楽しんでいます。

 

⇒ 家庭菜園で育てるのにどういった野菜が良い?

 

実益にもなる趣味を見つけられて幸せ

 

家庭菜園をするまでの私の趣味と言えばパチンコくらいしかなかったのですが、当然儲かるはずもなく家族にも迷惑をかけていました。

 

それが今は自分も楽しみ、家族も子供も喜ぶとてもいい趣味をみつけたなあと我ながらに思います。

 

去年からは広大な畑の残りの土地に果樹を植え、次は果物作りに挑戦しかけているところです。

 

こちらはまた野菜と違って別の苦労がありそうですが、それもまた収穫の楽しみには変えられません。リンゴの木も植えたのですがそれが収穫できるころには娘も大きくなっていることでしょう。

 

みなさんも野菜作りを始めてみませんか?都会に住んでいる方でもプランターで簡単にミニトマトを作ることもできます。

 

自分で作った野菜なら農薬の心配も必要ありませんよね。さらには野菜が嫌いなお子さんも収穫の喜びを味わえば、野菜が好きになるかもしれませんよ、うちの子のように。

関連ページ

家庭菜園で育てるのにどういった野菜が良い?
家庭菜園を趣味にしてみるのも楽しいですよ。食べ物を育てるのは難しいところもありますが、やりがいも大きいです。また、園芸は目で楽しめるのが魅力です。
園芸を趣味にする魅力はなんと言っても感動が味わえること
実際に花が咲いたりした時の感動はひとしおです。